Menu

自動車・事故

Home
松山成實行政書士法務事務所 自動車/事故等の手続きに関するページ

自動車関連の手続きは、お任せください!

自動車を購入する際は、必ずその車を駐車するスペースを事前に確保している必要があります。
その確保したスペース「車庫」を「証明」する為に「車庫証明」申請が必要です。
自動車(新車・中古車) を買って、それを自分の名義にする際や、引越するとき等、
手続きの際に添付書類として必要となります。

管轄(保管場所)の警察署へ申請書類に 記入し添付資料と共に提出し、後日の調査で車庫のスペース
等の問題が無ければ約1週間ほど で完了します。「松山成實行政書士法務事務所」は、
「車庫証明取扱行政書士事務所」です。

こんな方は「車庫証明代行」お勧めいたします。

・車庫証明を取りたいけど、警察署まで行っている暇がない!
・車庫証明の取り方がわからないんだけど、調べている時間がない!
・引越し先が、他府県の場合どうしたらいいの?
・車庫証明ってなんか面倒くさそう・・・。 あああ・・・。

追記事項

個人のお客様のお車はもちろん、ディーラー、中古車販売店、二輪販売店、会社など法人名義のお車(二輪車)も対応しております。ガレージの調査や他府県ナンバーへの変更、廃車、名義変更、車検証再発行、同番交付等、何でもお気軽にご相談ください。

自動車の相続

自動車の相続

自動車の所有者が亡くなった際には、亡くなったと同時に相続全員の共有財産になります。相続人はその自動車を誰が相続するか(遺産分割協議)決めて移転登録(名義変更)を申請しなければなりません。
所有者の死亡を機会に廃車にする場合も、あるいは他人に譲る場合も必ず、一旦は相続による移転登録をした上でなければ、その後の手続はできません。

移転登録

移転登録

車の名義変更といえば、正式には移転登録のことで、車の所有者の名義が変わる時にする登録です。 移転登録は車庫証明をはじめ沢山の書類が必要です。所有者の変更があった日から15日以内に手続きの申請をするように期限が定められています。手続きをしないと、前の所有者に税金や保険等の重要な通知やお知らせが届けられ、トラブルの原因になります。

一般貨物自動車運送事業許可

一般貨物自動車運送事業許可

一般貨物自動車運送事業とは、トラックを使用して、お客様の荷物を運送する事業のことで、会社や個人の方から運送の依頼を受け、運賃を受け取る場合はこの事業にあたります。
一般貨物自動車運送事業を始めるには、事業開始に先立ち、営業所を置く都道府県の運輸支局へ許可申請書を提出し、国土交通大臣又は地方運輸局長の許可を受けることが必要です。

交通事故自賠責保険

交通事故自賠責保険

行政書士は交通事故の被害者のために、自賠責保険請求等の書類作成、後遺障害等級認定に関する書類作成等をすることによって、被害者の事故による保証解決のお手伝いをいたします。また、事故車両の修理、処分等も協力自動車修理工場によりスムーズに対応させて頂きます。

交通事故示談書作成

交通事故示談書作成

事故後のトラブルを防ぐために、書面によって証拠を残します。私的な和解契約ですので、そこに記載される合意内容は誰がみても分かる様に整然と客観的に書く必要があります。示談書のポイントは、必ず記載しなければならない項目を明確に記すことです。示談書作成は当事務所へご相談ください。 

お問い合わせ
松山成實
行政書士法務事務所

京都府京都市伏見区深草
中ノ島町18-14
10:00~18:00
(時間外対応可能)
休日:土・日・祝日
075-643-6431

対応エリア

対応地域

京都市(北区、上京区、中京区、下京区、右京区、西京区、東山区、南区、伏見区、山科区)・向日市・長岡京市・乙訓郡(大山崎町)・宇治市・城陽市・久世郡(久御山町)京田辺市・木津川市・八幡市・亀岡市・南丹市など。大阪府や滋賀県、奈良県など、他府県も対応可

松山成實行政書士法務事務所

イメージキャラクター「ゆきまさ」